夫に内緒で借りることが難しくなりました

 

貸金業法の改正により、お金を借りる際に、収入の3分の1までという制限が加わりました。

 

多重債務問題に苦しむ人が増えたので、そのための対策です。

 

改正前は、専業主婦の人もお金を借りることができましたが、改正後は、自分の収入のない専業主婦は借り入れが難しくなっています。

 

専業主婦がお金を借りる時に、次のような書類が必要となったのです。

 

  • 収入のある相手との婚姻関係を証明する書類(戸籍謄本など)
  • 夫の同意書

 

つまり、夫に内緒でお金を借りるということが、しづらくなったのです。

 

目的別にチェックしたい⇒ お金を借りる方法

 

ちょっとした家計の穴埋めや、楽しみのために、これまで気軽にキャッシングをしていた主婦にとっては、貸金業法の改正は、あまり嬉しくないかもしれません。